冬の大雪と駐車場の位置に要注意

大雪に遭遇した結果雪かきに3時間

冬の長野で駐車場を利用する場合、できるだけ入口に近い場所を選びましょう。

車載の小さなスコップしか無かったので時間がかかりました。

長野市内でも珍しいと言えるくらいの大雪に遭遇しました。
関東方面も雪に見舞われた影響で、スーパーやコンビニ数軒回っても、陳列棚にパンやおにぎり、弁当類が一切置かれていない位の状態を体験する事となりました。

大雪警報が有った当日は、部屋にこもっていた為、外出していなかったのですが、翌日、雪かきが必要だなと思ってドアを開けると、膝上の雪で車が埋もれていました。

車の上には、マッシュルームのような大きな雪の塊が乗っかっています。

車を出すまで、雪かきに3時間を費やす事となりました。
利用している駐車場が一番奥だったので、自分の車を出す為に駐車場の入り口までの道作りも必要となり、余計に時間を費やした結果です。

こうした自体も想定すると、雪の降る地域では、出来るだけ手前の駐車場を利用した方が良いです。

除雪についてレオパレスへ問い合わせ

あまりの雪の多さに、雪の捨て場所に困りました。
そこで、ひとまずレオパレスへ電話。

その物件の横には、畑スペースが有ったのですが、「そこに捨てても問題ないですか?」と聞いたところ、「私どもとしては、それを大丈夫とは言えません・・・」との回答をいただきました。

さすがにそうとしか答えようが無いでしょう。

除雪用具が無いのかも聞いてみたところ、何も無いとの事。
仕方ないので、車に入れてある分解式のスコップを取り出し雪かきとなりました。

北海道ならロードヒーティングは入っていたり、入っていない場合も除雪業者との契約により駐車場の雪かきもしなくて良いのですが、長野市内だと、そこまで積もるのが稀なのか、対処のマニュアルは無いと知りました。

その後、雪が大分無くなってから除雪を頼まれた外注業者と思われる作業員が玄関周辺の雪だけを除雪していましたが、駐車場などは特に変わりない状態でした。