04:長野・1.5ヶ月マンスリー

長野県レオパレス物件1.5ヶ月+α滞在

2月上旬から長野へ1ヶ月半ほど滞在する事となりました。
かかった費用や手続きについて、今回もレポートしていこうと思います。

まず、以下のような滞在条件が付帯します。

  • マイカー持参
  • 自炊も出来る環境での宿泊
  • 出来るだけ宿泊費を抑える
  • 居住空間の広さもある程度考慮する

尚、今回は、以上のような条件からレオパレスの物件を利用する事といたしました。

初めてのレオパレス物件。
騒音トラブルが気になると評判のレオパさんですが、実際はどうなのか。

入居してみて、特に気になった出来事を中心にいくつか記事を掲載しておきました。


実際にかかった費用はこちら

内容金額備考
レオパレス契約183,820 円45日分(水道光熱費込み)
新日本海フェリー(往路)24,800 円片道(車一台)
青函フェリー(復路)13,800 円クーポン割引適用(車一台)
ビジネスホテル(長野)9,760 円2泊(P込み)
ビジネスホテル(北陸~東北各地)51,740 円計8泊(P込み)
青函フェリー13,800 円青森→函館(片道・割引適用)
食料品・雑貨代52,698 円(概算・外食費以外の金額)
ガソリン代(ハイオク)26,117 円2ヶ月間(154.5㍑)
ETC料金6,850 円滞在・帰省期間中
(概算)383,385 円旅費・生活必要経費総額

その他、駐車場代等も含めると、レオパレス約2ヶ月生活+観光を車を用いる場合、少なくとも40万円を見ておく必要があるという結果になりました。
これに、外食などの余剰資金も踏まえると、特に節約をしなければ50万円ほど見積もっておくべきかもしれません。