引越し費用の見積もり

アートを使うかヤマトを使うかで料金の比較

引っ越しに当たって、以下の2社に見積もりを出してみることにしました。

  • アート引越しセンター
  • クロネコヤマト(単身引越しサービス)

まず、アート引越しセンターのウェブページから、見積もり依頼を出したところ、すぐに連絡がありました。電話のやり取りで大体の荷物を聞かれて、料金の概算が82,000円でした。

今回の引越しはそんなに荷物も無く、一人で2時間もあれば丁寧に梱包できてしまう位の量だと思うので、予算ももう少し少なく考えていた事を伝えると、なぜか、58,000円まで値引きしてくれました。

それでも、荷物を運んでもらうだけと考えると若干割高な気がするので、ヤマト運輸(クロネコヤマト)へも連絡。単身パックのカート2本で十分収まるのですが、オペレーターから告げられた金額が50,000円程度。

その後、ウェブでの申し込みをして、料金を管轄の事業所から連絡貰ったら32,000円程度で済むとの事だったのですが・・・

その後再び連絡が来て、主要エリアからの距離がある地域という事で、最初にオペレーターから言われた金額に戻りました。安い価格を言われて、その後高くなると、アートより安くてもお得感が無くなるのは不思議な心理です。

とりあえず、アートとクロネコを比較すると・・・

  • アート引越しセンター:58,000円(割引適用後)→引越しのプロであり、養生などもしっかりやってくれる点は安心
  • クロネコヤマト:45,150円程度(割引適用後)→自分で梱包して運んでもらうだけなら、こちらの方が何かと都合が良い

クロネコだとネット予約で割引が効く

今回の利用では、以下の割引が適用されたお陰で多少は安くなりました。

  • WEB割引 = -2,100円
  • 早期申し込み割引 = -1,050円
  • 複数BOX割引 = -2,100円 (1BOXあたり1,050円)

搬入日が休日に当たるので平日割引は適用されませんでしたが、これらの公式な割引だけでも5,250円も安くなりました。

ちなみに、早期申し込み割引は、メールで送られてきた見積もりにもその後かかってきた電話でも何も言われず、電話で問い合わせをして適用となりましたので、何も言われなかったら聞いてみた方が良いかも。

この他にも単身引越しサービスを行っている運送業者はありますが、地元に営業拠点があるのがクロネコさんだけなので妥当な選択肢だったかなと思います。

退去時の引越しでの失敗談

退去時もクロネコヤマトを利用して引っ越しを行ったところ、洗濯機と冷蔵庫に関しては、へこみや擦り傷が結構増えていました。作業の仕方を見ていると、膝を洗濯機の側面に押し当てて運んでいたので、それが、へこみの原因です。

冷蔵庫は、包装するカバーがクロネコヤマトで用意したもので、それに原因があるからか、天板部分やドアの部分など、擦り傷が結構増えていて残念でした。

こうした部分を踏まえると、割高でもアート引っ越しセンターの方がその道のプロとして、品物を扱ってくれるのかもしれません。数万円変わるので、それなら、新品をもう一台買える事を考えると微妙なところですが。