防音の重要性

快適な生活空間と人の出す音の問題は関係が深い

何度か一人暮らしをしてきた経験も踏まえると、私にとって居住環境はかなり大事だなと思いました。一番気になったのが音問題。

今までに、木造二階建、鉄骨造、一人向け高層マンションタイプ、ファミリー向け低層階マンションタイプ等、偶然にも様々な種類の物件に住むことができました。
その経験も踏まえて一番良かったのは、ファミリー向けの低層階マンションタイプです。

家族向けということで、子供たちの騒ぎ声等が聞こえるのでは無いかと思ったんですが、日中は聞こえることが有っても、夜は一番静かだった印象があります。

ファミリー向け低層階マンション物件は、3LDKタイプで棟の中央(202号室)に会社の借り上げ住宅として住んでいたのですが、やはり、鉄筋コンクリートの3LDK ということもあり、造りはしっかりしているという印象でした。

なので、防音の重要性、こうした家族向けの物件は良いなという印象があります。
ちなみに、木造物件、鉄骨造物件は、音漏れが激しく、もう住みたいとは思えません。もしも住むとしたら、戸建てタイプですので現状考えるとありえません。

また、高層マンションタイプに住んでいた時は、家賃がそれなりに安くて市街地に近いということもあり20代前半等の若い世代も入居する傾向にあります。すると、生活時間が異なり夜中に元気になる傾向があります。

色んな意味でね。結構参ったよ・・・。

なので、防音の重要性、基本は鉄筋コンクリートのファミリー物件を選ぶのが良いかなと思います。